緑内障ガイド

ここ数年で緑内障患者は急激に増えたといわれています。今、治療を受けている人のほかにも、自分では気づかないうちに発症している人も沢山いるのではないでしょうか。また白内障とも間違われやすい緑内障。早いうちに適切な治療をすれば、穏やかに日常生活を送ることができます。

緑内障の前に:目のしくみ

まず緑内障の説明に入る前に、目のしくみを見ていきましょう。サイト内で目の色んな組織が登場するので、よくチェックしておいてください。

目のしくみ

虹彩

黒目のまわりにある茶色の部分で、色素のメラニンが含まれています。この色素が多いと目は茶色になり、少なければ青くなります。瞳孔を大きくしたり小さくしたりして、通る光の量を調節しています。

毛様体(もうようたい)

眼球の前方で、脈絡膜と虹彩につながっています。毛様体から出る細い糸が水晶体を取り巻いていて、それが水晶体の厚さ調節に役立ちます。

脈絡膜

細い血管が集まっている組織。ここを通って、網膜の細胞に栄養が送られます。

角膜

黒目と虹彩の部分をおおっている膜。光を屈折して集めるので透明で曲がっています。外からの光を屈折して集めるほか、強膜とつながって眼球の形を保つ働きもあります。

結膜

白目をおおっている透明な膜。

水晶体

瞳孔の奥にある透明なもの。毛様体の伸縮によって厚みを変えるレンズ。遠近の調節する働きがあります。

シュレム管

角膜を取り囲んでいる組織。房水(ぼうすい)が静脈系に流れ出る排出口。

隅角(ぐうかく)

角膜と虹彩の境目の部分。房水はここでろ過されて、シュレム管から流れ出ます。

瞳孔

虹彩の真ん中にある瞳と言われるもので、ここから光を取り入れます。光が強いと縮んで、光が弱いと大きくなって目に入る光の量を調節します。

硝子体(しょうしたい)

眼球の大部分を占める透明なゼリー状のもの。眼球の形と弾力性を保っています。

視神経

眼球のうしろに付いている長さ3.5〜5cmの神経。眼球で集められたモノの形や光の情報を脳に伝える役目をします。

ページの上に戻る

緑内障ガイド:ページ紹介

ここで、このサイトの各ページ紹介をしましょう。【緑内障を知ろう】【緑内障の検査と治療】【緑内障の予防】【緑内障のいろいろ】の4つのカテゴリに分けています。

緑内障を知ろう

ここでは概要や種類、白内障との違い、併発しやすい病気など…緑内障の基礎知識を紹介しています。緑内障がどんな病気かをまずはよく知ってくださいね。

緑内障の検査と治療

ここでは緑内障の名医によって考案された自己チェック法、病院での検査内容と治療方法を紹介しています。躊躇(ちゅうちょ)せず、なるべく早い段階で受診しましょう。

緑内障の予防

ここでは定期検診、緑内障におすすめの栄養素について紹介しています。現在治療中の人にも、そうでない人にも役立つ情報を載せていますので、ぜひ参考にしてください。

緑内障のいろいろ

ここでは犬の緑内障について、なりやすい犬種やその症状、治療方法などをわかりやすく紹介しています。家族の一員である愛犬を緑内障から守ってあげましょう。

ページの上に戻る

 
 
 
 

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2008 緑内障ガイド All rights reserved.