緑内障の検査

緑内障を治療する前に、症状の進み具合を調べるためにいくつかの検査をしなければなりません。これらの検査を受けることによって、緑内障の種類も判明することができます。検査の多くは苦痛を伴うものではないので、安心してくださいね。

眼圧検査

眼圧検査は眼圧計を使ってやります。眼圧計には、角膜に圧搾(あっさく)空気を吹き付けて測るタイプと角膜に直接測定器を当てるタイプがあります。どちらかというと角膜に直接測定器を当てるタイプのほうが正確に測ることができますが、空気を吹き付けるタイプでも十分測定することができます。また、空気を吹き付けるタイプは一瞬空気が当たるだけなので、ほとんど違和感はありません。角膜を直接測るほうも検査する前に表面麻酔薬を点眼するため、痛みはありません。

ふつうは眼圧検査で21mmHgを超えると緑内障と診断されます。【緑内障の種類】のページにも載っていますが、正常眼圧緑内障という例外もあることを忘れてはいけません。たとえ眼圧が正常でも視神経や視野に異常があるとされるときは、一日に何度か眼圧を測ります。

ページの上に戻る

隅角検査

隅角検査は、隅角鏡とよばれるコンタクトレンズのような専用の特殊レンズを使って行います。これで隅角の状態を調べることができます。開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障の判別に役立ちます。緑内障の診断にはとても重要な検査といえます。検査には、点眼麻酔と角膜保護剤を使用するので少し圧迫感はありますが痛みは、あまりありません。

特殊レンズを角膜にのせて、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡で観察します。装置の前に座って、アゴを台の上にのせ、ひたいを固定します。そして、眼球に光をあてた状態で調べます。隅角の形や状態以外に眼底などもしっかり観察できます。なお、細隙灯顕微鏡はコンタクトレンズのフィッティング状態をみる際にも使われる場合があります。

ページの上に戻る

眼底検査

この眼底検査は、網膜にある神経細胞の突起が集まることでできている視神経乳頭にへこみができていないかを観察するもので、いくつかの検査方法があります。

1つ目は検眼鏡や生体顕微鏡で眼底を観察して、視神経の状態を調べる方法です。この検査方法ではもっとくわしく調べるために散瞳(さんどう)薬を使うことがあります。これは瞳孔を広げるための薬で、十分に広がるまでに30分〜1時間かかります。散瞳薬を点眼するとピントがぼやけて焦点が合わなくなります。近くが見えにくくなったり、光をまぶしく感じます。しかも効果が数時間続くので、歩くときは足元に気をつけてください。また、効果がきれるまで車を運転しないようにしましょう。

2つ目は眼底カメラで眼底を見て、視神経の状態を調べて、それをカラー写真に撮って記録する方法になります。3つ目は画像解析装置を使って、視神経や網膜の状態を細かく調べて管理する方法です。どの検査も痛みがなく、比較的短時間で終わります。いろんな検査方法で細かな部分まで調べることができるので、診断や経過観察などに大いに役立っています。

ページの上に戻る

視野検査

視野検査では視野が欠けていないか、あるいはどのくらいの範囲で欠けているのかを調べます。この検査が緑内障にかかっているかいないかを決めると言っても、過言ではないでしょう。必ず片目ずつ検査します。視野検査には、動く光の見え方で視野を測る「動的視野検査」と、動かない光の見え方で視野を測る「静的視野検査」とがあります。

ですが、最近はコンピュータを使って素早く正確に視野を測ることができる静的視野検査を行う病院が増えています。このほか、視野検査は脳腫瘍や視神経の炎症、網膜剥離(はくり)などの病気を診断するときや治療効果を判断するときに行われます。

ページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2008 緑内障ガイド All rights reserved.