緑内障の治療

緑内障の治療には、薬を用いた療法のほかにもレーザー治療や手術などの方法があります。どの方法で治療するかは緑内障の種類によって異なります。ただ、いずれもより早期の治療が必要になるので、医師の指示に従ってください。

点眼薬での治療

点眼薬での治療

どの種類の緑内障でも、治療で大切なのは眼圧を下げることです。そのためにまずは、薬による治療を受けます。なかでも、点眼薬を使った治療は開放タイプの緑内障に効果的とされています。今は昔とちがって、房水の量をコントロールする薬や房水の排水を促す薬など、さまざまなものが開発されています。一種類でもいろんなタイプの薬を使ったり、また何種類かの薬を組み合わせてみたり…。こうすることで、とても高い効果が得られます。

緑内障の治療に使われるものは点眼薬(目薬)や飲み薬がメインになります。ですが、急いで眼圧を下げなければいけないというような場合には、注射薬が使われることもあります。点眼薬を用いた治療は、緑内障治療の第一歩にして効果的な方法と言えるでしょう。もちろん、薬を使って様子を見ながら、「レーザー治療」を行うこともあります。「レーザー治療」に関しては、次の項目で紹介しましょう。

ページの上に戻る

レーザー治療

薬だけで十分に眼圧を下げることができない場合には、「レーザー治療」が行われます。この「レーザー治療」は開放隅角緑内障でも閉塞隅角緑内障でも両方検討されますが、どちらかというと閉塞タイプの緑内障のほうがより効果的です。では、ここで二種類の「レーザー治療」を紹介していきます。

レーザー虹彩切開術

閉塞隅角緑内障では虹彩にレーザーを照射し、ごく小さな孔を開けてそこを房水が通るようにします。こうすることで隅角を広げて眼圧を下げるのです。急性でも慢性でも閉塞タイプの場合は、レーザーを使った切開術が基本となります。とくに早期の治療にはおすすめです。一度だけの治療で済み、あとは年に数回の定期検査のみで順調に推移していくケースが多いでしょう。ほかの治療がいらなくなることも少なくありません。

レーザー線維柱帯形成術

開放隅角緑内障では、目詰まりを起こしている隅角のフィルター部分にレーザーをあてます。すると、網目が広がって、目詰まりが解消されるという治療方法がとられます。ただし、開放隅角緑内障の場合は「レーザー治療」が成功したとしても、目詰まりが再発する可能性があるため、全体としての有効率は五分五分と言われています。

以前はレーザーによって隅角の組織そのものにもダメージを与えてしまい、何度も「レーザー治療」をすることはできませんでした。けれど、今は新しいレーザーが開発されたことで治療が繰り返しできるようになりました。

ページの上に戻る

手術

緑内障の最終手段として、手術という方法もあります。できれば、みんなそこを避けて通りたいというのが本音ではないでしょうか。手術が好きな人なんていないですから…。薬も効果なし、「レーザー治療」をするのも難しいときに手術に踏み切ることが多いです。世界中で広く行われている手術の一つに、線維柱帯切除術が挙げられます。

これは隅角に新しい房水の排出路を作ってしまおうという手術です。これも眼圧を下げることを目的に行われます。この手術で眼圧を下げるだけではなく、その患者さんに適した眼圧が保てるように、房水の排出量を調整することもできます。

また房水が結膜に流れて、ふくらみができてしまいますが、まぶたに隠れてほとんど目立たないので安心してください。さらに結膜が薄くなるため、コンタクトレンズをつけると外れやすくなるので、使わないようにしましょう。このほか、眼圧が下がりすぎることによる合併症にも気をつけましょう。

ページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2008 緑内障ガイド All rights reserved.