緑内障と白内障の違いは?

同じ目の病気で名前も似ているのに、緑内障と白内障はどこがどう違うの…?そんな疑問にお答えしましょう。緑内障の視野欠損と白内障の症状、原因などを紹介していきます。これらを読み比べると、違いが分かってきます。2つとも似ていますが、まったく別の病気なので、いずれも早めの受診が大事です。

緑内障と白内障の違い

緑内障と白内障の違い

緑内障と白内障…どちらも似たような言葉で、目の病気です。文字も「緑」と「白」の違いだけです。なので、緑内障と白内障の違いが分からない人もいることでしょう。これまで、何度か紹介しているように、緑内障はしだいに視野が欠けていく病気です。気づかないうちに視野が狭くなっていきます。

一方、白内障は水晶体が濁ってしまい、目が見えにくくなるという病気です。水晶体はレンズのような役目をしているのですが、それが何らかの理由で光をうまく通せなくなって、ぼやけて見えたりします。処置が遅れると失明する可能性もあるとされている緑内障と違い、白内障は網膜や視神経がやられてしまうわけではありません。けれど、水晶体が一度濁ってしまったら元には戻りません。同じ目の病気でもその症状や起こるしくみはまったく違います。

ページの上に戻る

緑内障の視野欠損

ここで、緑内障の症状の進み方を見てみましょう。白内障との症状の違いがよく分かると思います。ちなみに、緑内障では鼻側の視野から徐々に欠けていきます。また視野が欠けると視力も低下するかといえば、必ずしもそうではありません。視力と視野は別物です。

緑内障の極早期

高い眼圧によって視神経はおかされていますが、症状はなく、普通の視野検査をしても異常は認められません。視神経は100〜120万本あるため、半分くらい萎縮(いしゅく)しても視野障害は起こらないのです。

緑内障の初期

視野の中心より少しずれたところで視野が欠けはじめます。まったく不便は感じないため、気がつかないことが多いでしょう。検査をすると、視野の異常が見つかります。

緑内障の中期

暗点が広がっていくと同時に、鼻側の視野もますます欠けてきます。視野の約4分の1が欠けると異常に気づく人も多くなります。視神経の萎縮の6〜7割以上を超えると、視野障害は急速に進みます。

緑内障の末期

視野はまわりから欠けていくことが多いです。文字が欠けて見えたり、テレビ画面の一部が見えなくなったり、人によくぶつかったりするようになります。

ページの上に戻る

白内障について

白内障について

[緑内障と白内障の違い]の項目で説明したように、白内障は水晶体が白く濁ってしまう病気です。水晶体が濁ると光が網膜に届かない、乱反射によって正しい像が網膜に結べなくなるなどの障害が起こります。

白内障のほとんどは老人性(加齢性)のもので、誰でもいずれは発症する可能性があります。この水晶体は水分が65%とタンパク質35%、それに少しの塩類から成っています。タンパク質の性質変化や水分量のバランスのくずれが、水晶体を濁らせる原因と考えられています。

では、なぜ水晶体が濁るのでしょう?多くの場合、老化による生理現象だといえます。今は医学の進歩により、手術で見えるようになるため、それほど怖い病気ではありませんが、白内障も緑内障と同じく、初期の自覚症状があまりないのが特徴です。いくつかの症状を挙げるので、早期に治療をはじめるためにも、ちゃんとチェックしましょう。

視力の低下

新聞などの細かい文字が老眼鏡をかけてもよく見えない。

ぼやけ・かすみ

目の前に霧がかかったようにぼやけて、かすんで見える。

まぶしい

太陽の光や照明などがとてもまぶしくて、ギラギラして見える。

二重、三重に見える

一つのものが二重や三重に見える。片目をつむっても同じように見える。

近くが見えるようになる

一時的に近くのものがよく見える。老眼が治ったわけではないので、注意しましょう。

ページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2008 緑内障ガイド All rights reserved.