緑内障の種類

緑内障といっても、すべて同じ種類というわけではありません。いくつかの種類があって、それぞれ原因も少しずつ違います。一番多いのが原因不明の原発タイプとされています。また、最近増えているのは正常眼圧緑内障という種類になります。

原発開放隅角(ぐうかく)緑内障

原発という言葉がつく緑内障の種類を見てみましょう。まずは原発開放隅角緑内障。これは原発性緑内障患者の約7割が慢性の開放隅角型といわれています。隅角(房水の排出路)はふさがっていませんが、「シュレム管」が詰まって眼圧が上がってしまいます。

強い近視の人や緑内障にかかっている家族がいる人などは、この種類の緑内障になりやすい傾向があるので気をつけましょう。眼精疲労くらいしか自覚症状がないため、ずっと気づかずに症状が進行していくことも少なくありません。

ページの上に戻る

原発閉塞隅角緑内障

もう一つの原発性のものが、原発閉塞隅角緑内障です。虹彩と水晶体、角膜のあいだが狭いために隅角がふさがってしまい、房水の流れが悪くなって起こります。原発開放隅角緑内障は慢性ですが、原発閉塞隅角緑内障は急性で突然の目の痛み、頭痛、吐き気などの重い症状があらわれます。

この種類の緑内障は遠視の人に比較的多く見られ、女性は男性の約2倍の発症頻度となっています。また、原発閉塞隅角緑内障にかかりやすい人は、生まれつき黒目や眼球全体が小さいという特徴が挙げられますね。こうした理由だけではなく、年を重ねたことで厚くなった水晶体も要因の一つです。

ページの上に戻る

続発緑内障

続発緑内障は、ぶどう膜炎などさまざまな目の病気や糖尿病といった全身の病気が原因で発症します。この緑内障も原因によっていくつかの種類に分けることができます。おもな種類を紹介しましょう。

ステロイド緑内障

これは長い間ステロイド薬を使い続けることで起きる緑内障です。このような薬を使う際には定期的な眼圧検査が必要になります。症状が出始めて間もないときであれば、薬をやめると眼圧は正常に戻ります。

嚢性(のうせい)緑内障

虹彩や水晶体などにフケのようなものがつく緑内障です。高齢者によく見られ、有効な治療方法としては、レーザー治療などがあります。

ぶどう膜炎による緑内障

ぶどう膜は脈絡膜、毛様体、虹彩の3つをまとめた呼び名です。眼球を包み込むように広がっているこれらに、何らかの炎症が起きることを「ぶどう膜炎」といいます。緑内障の治療と同時に、ぶどう膜炎の治療も必要となります。

血管新生緑内障

糖尿病網膜症、眼底出血などのある目に生じるきわめて重症の緑内障です。できるかぎり早期に発見して、眼底の光凝固治療などを行ないますが、失明する危険性の高い緑内障です。

ページの上に戻る

発達緑内障

発達緑内障は、生まれつき隅角発育が良くないため、発症するものです。先天緑内障とも呼ばれています。新生児の2〜3万人に1人くらいが、この発達緑内障にかかると言われています。生まれてすぐに特に異常が見られなくても、生後数年以内に眼圧が上昇して、房水流出系の発達異常が認められる場合には発達緑内障と判断されます。
ページの上に戻る

正常眼圧緑内障

緑内障って?】のページでも少しだけ触れていますが、緑内障の種類の一つに正常眼圧緑内障というものがあります。これは原発開放隅角緑内障の一種と考えられています。正常眼圧緑内障の場合は眼圧と隅角は正常です。

では、どこが異常かというと…視神経に問題があるのです。視神経の抵抗力の弱さが正常眼圧緑内障につながると言えるでしょう。冷え性や偏頭痛をもっている人に多く、視神経の血液循環の悪さが関係していると思われます。最近、この種類の緑内障が増加している理由として、眼圧が高い人よりも正常な人のほうが圧倒的多数だからなのではないでしょうか。

ページの上に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  niftyクリップ  はてなブックマーク  livedoorクリップ  del.icio.us

Copyright 2008 緑内障ガイド All rights reserved.